田舎から関東 何も知らない始めての一人暮らし 気を付けること住と食

今回は、18歳で高校を卒業して何も知らず青森から関東へ来て

一人暮らしを始めた際の手探りの日々のエピソード

・湿気の破壊力すごい

・覗き穴は光でばれる

・肉を冷凍庫に入れたら腐らない

・遅れてやって来た香辛料貿易

などなどから

新たに一人暮らしの方が役立つであろう情報

『衣食住』の『住』と『食』のアドバイスを記載します。

 

 

私はまぁ本当に何も知らなかった。東京もよくわからなかった。

全てがほぼ手探りで、中々サバイバルな気分でした。

 

これを読んだ田舎から出てきたり、新たに一人暮らしする方が

少しでもクールにセクシーに生きれるといいなぁと思います。

★1.住居

これまで住んでいた部屋は、こんな感じです。古い順。

・千葉市若葉区 2F 1K(下は車庫)
・市川市① 1F 1K ロフト付き
・市川市② 1F 1DK
・下北沢 2F 1K
・品川区 3F 1DK

 

最初は貧乏だったので、中々古い物件に住んだり
あまりきれいとは言えないところに住んでました。

年収にそって家賃を上げていった感じです。

最初安いところからグレードアップするとなんかやってやった感は味わえる気がします。

 

★1Fは湿気がすごい

あんまり気にしない人はいいと思いますが、人が多いところで生きてこなかった人は、
なんか外から部屋の中を見られるのに抵抗あるんじゃないかと思います。俺だけかな・・・

 

 

なので1F の時は、カーテン閉めきってました・・・
それがよくなかった・・・

あんまり空気の入れ替えもしてなかったのでまじで本が湿気とカビでやられた。

 

いい除湿器買っても意味なかったです。

一階はじめじめしやすいってのもあるかもししれません。

 

まじ運気も下がる気分!

下北沢に引っ越すときに本と敷布団は処分して引っ越しました。
あとカビついてたのはすべて処分しました。家具減った。

 

 

窓を開けたほうがいい。

 

 

人の目がきになるなら2階以上がいい!

女性は絶対に2階以上がいい。普通の人も多いけど変な人も多いから。

 

 

★2Fでも下が車庫だと冬寒い

2Fはいいんですけど、下が車庫だとマジで寒いです。

私、極寒地域からきたので大丈夫でしたが、
それでも床で寝落ちすると寒さで目が覚めるレベルです。

 

下に人がいないと生活音は下には響いても問題ないですが、
寒さしんどい人は住み場所選びで気を付けたほうがいいです。

 

 

あと生活音って下から上への方が響く気がします。

いいところ住めるようになるとなんも聞こえなくなります。がんばれ!

 

 

 

 

★知らない人が来ても開けない。無視!

オートロックに住めるようになるまで、ドアすぐ外でした。

男で剣道で鍛えた腕力とボディもあるので、あんまり恐怖ってのは感じたことないですが、
まぁ人が訪ねてきます。

 

新聞やらN〇Kやら宗教やら、なんかわからん人やらは基本全無視。

本当に必要な事ならPOSTになんかいれていくから!

 

対応しても嫌な気分になることが多いので。
宅配便を頼んだ記憶がなければ無視しましょう!

 

 

あと意外と知られてない覗き穴注意点。
ドアすぐ外の場合は、覗き穴見る時気を付けましょう。
あれ光の外に漏れたりで覗いてることばれるから!

 

 

★2.食

大学のころは、仕送りいらなから大学行かせてくれと頼んだので
仕送りももらっておらず結構、貧乏生活を楽しんでました。

奨学金とバイト代で生きてました。

 

どれくらいが安い基準なのかもわからんず
鶏もも肉かったり野菜を買ってみたりして自炊してました。

 

★肉はくさるので冷凍庫へ!

まぁ当たり前のことですけど、まじで腐ります。

肉は腐りかけると本当に臭くなります。何のニオイなのか・・・

 

冷蔵庫に入れても腐る。

 

そうなると焼いても茹でても臭いとれないんですよ!
色々試しました。

臭いはとれないけど、腹は壊さない。不思議です。

 

 

だから、肉は冷凍庫にいれましょう。凍らせましょう。
そうすれば、結構持ちます。余裕で持ちます。臭くなければ食える!

 

 

これに気付いたのは大学2年のころでした。
kudo 青年には画期的な発見でした。まじで!

 

 

★調味料、醤油と塩だけだと限界がある。胡椒は優秀!

引き続き何も知らない大学生のころ、1年生はとりあえず醤油と塩しか持ってませんでした。

案外なんとかなるですけど、まじで料理困りますね。

 

本人的には、食えればいいやくらいのサバイバル感だったのでよかったんですが・・・

 

 

あるとき胡椒買ってみたんですよ。

 

半端なかったです。

まじ香辛料ぱねぇ
と昔のヨーロッパの人が思ったのと同じくらいの衝撃を受けたに違いありません。

 

 

それからハーブとかパスタの料理本か買ってちゃんと料理を覚えようとしました。

大学3年くらいのとき。
遅れてやってきた香辛料貿易。。

 

 

★米の保存も結構大変。できれば冷蔵庫がいいのかな。

米のトラブルもめっちゃ起こしました。
サバイバーだったので・・・

●カビ

なんかあるときなんか米が臭いって思ったんですよねぇ

洗っても炊いても臭いが消えないから
2、3回食ってから
あ・・・って思ったんです。

 

 

『カビのニオイ』DA!

 

 

捨てました。
ありゃどうにもならない。

保存容器も買い換えました。

 

 

厳しい戦いですよ
生きるって。

 

冷蔵庫に入れたり、風通しがよくて湿気が少ないとこところがいいみたいです。

 

●謎の虫

カビからだいぶ平和な時期を過ごしてましたが、
大分たってあるとき気付いたんです。

 

 

『なんかいる』って・・・

 

 

なんか小さい虫でした。調べました。
形的にこいつでした。

外部リンク:コクゾウムシ

 

 

いやぁまぁとりあえずよく洗って、水に放置して再度洗ってから炊くようにしました。

なんか大丈夫みたいだから。いいやと。

 

米がある程度減ったら、容器ごと捨てました。

 

 

厳しい戦いですよ。まじで。

それからは生唐辛子をいれるようにしたりしてます。

香辛料貿易の成果です。

 

冷蔵庫に入れたり、風通しがよくて湿気が少ないとこところがいいみたいです。

 

 

 

 

★3.まとめ

手探りで色々と生きてきましたが、今は平穏です。

 

周りに聞いたり教えてもらうと早いですよ生きる知恵。

 

 

食べ物関係はまじで大学生の kudo 青年に教えてあげたかったです。

 

 

ネットをスマホでも自由に見れる時代なのですぐ調べて生きれると思いますが、
私のとき、携帯電話で携帯用のネットも微妙だったり、
PCあるけど、金なくてネットワーク引いてなかったりでサバイバル生活でした。

 

 

それらの経験や狭く古い家での生活を挽回して

うまいもの食って、いいところ住んでやると仕事を頑張ったのも事実です。

 

 

私の経験が若者かサバイバーの役に立つとよいなぁと思います!

 

 

 

 

 


 

読んで頂き、ありがとうございます。
よい1日を。

 

 

 

 

コメント